HOME

What's New(新着情報)

税理士の存在について

士業と呼ばれているものの中に、税理士があります。

多くの士業の中の一つの分野です。

税理士について、一般利用、一般事業者の視点から見てみます。

税理士の場合、一般利用ではないかもしれません。

納税について扱うので、主に事業者を相手にするという特徴があります。

最近、流行のサラリーマンの副業にも対応できると言えばそうなのですが。

サラリーマンは、所属会社があり別に、個人的にお金を稼いでいるので、彼らが納税対象の最小単位とも言えるでしょう。

税理士の仕事を簡単に言うと、納税対象となる事項の書類化をする、税務に関する事項の相談が主な業務です。

税理士に業務内容について、知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

事業者であっても、そのことはあまり知らないという人が多いと思います。

事業の中でも、最小単位の事業者である自営業、小規模組織は、納税の仕組みなども分からないことが多いようです。

納税のことは、事実上、税理士に丸投げ状態という現実があるようです。

どうやら、税理士でも個人差があるようです。

彼らは、国が認可する資格がなければ事業はできませんが、納税に関する考え方には幅があるようです。

これらの幅は、節税対策などに現れてくるのではないでしょうか。

日本人は節税対策をあまり取っていないそうです。

余分に納税していることが多いようです。

日本は事業社対象の納税になると、多くの税金を課しているようです。

その反面、脱税という行為に出る人もいるようです。

映画で、描写されている脱税風景は、どうやら実在したものらしいのです。

今の日本では、事業者から見れば、税理士は欠かせないパートナーと言えます。

HOME